HOME > 抜毛症改善ブログ

抜毛症改善ブログ

抜毛症と脱毛症の違いと共通点

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】

今回は「脱毛症」との違いと共通点についてお伝えしたいと思っています。

「抜毛症」と言うお話しをする際によく間違えられるのが「脱毛症」です。

まず大きく違うのは、『自分の意思で抜いている』のが「抜毛症」で『自分の意思に関係なく抜けていく』のが「脱毛症」ですね。

言葉が似ているのと、世間一般の方は“まさか!自分で自分の髪を抜く”なんて想像すら出来ていませんので「抜毛症」と言うと…
あぁ「脱毛症」に私もなったことあります!なんて話しになることもあります。

いえいえ「脱毛症」じゃなくて「抜毛症」と言って、自分で自分の髪を抜くことなんです!
と説明すると、ほとんどの方はビックリして、知らなかったと口をそろえて仰りますね。

それくらい「抜毛症」は世間一般では認知されておりません。

「脱毛症」の特徴しては大きくは自己免疫疾患の一つであり、ストレスやホルモン、アレルギー疾患等も関係しており、それらが相互に関係している場合もございます。

ここで意外な共通点としては「脱毛症」も「抜毛症」と同じく4人に1人が15歳以下に発症が見られており、30歳以下の若者が全体の8割を占めています。

「抜毛症」も10歳前後に多く見られるためその要因はストレス等の心的要因が関与しているとみられます。

そのストレス等の心的要因が引き金となり、アトピー性皮膚炎が代表的ですが、その他のアレルギー疾患を引き起こしていると考えられています。

実際、今までの「抜毛症」に苦しんでいる方々の多くにアトピー性皮膚炎の兆候がみられます。
これと同様にホルモンバランスを崩したり、免疫力が落ちたりするのもやはり心の問題とは、切っても切れない関係生を秘めていると私は考えております。

実は驚くべき事に協会の抜毛症改善プログラムを受けて抜毛症が改善してくるとアトピー性皮膚炎も改善してくるケースが非常に多く、他にも頭皮のあらゆる疾患が沈静化してくるのです。

ここに医学的根拠がどれほどあるのかは、もっともっとデータが必要になってくると思うのですが、少なくとも協会の見解としてはカウンセリングと施術により実際に見た目も改善し、心が落ち着いてくるとストレス等の心的要因な部分が沈静化して見た目と心の部分に良い変化が起こっているのだと考えています。

抜毛症を正しく理解する

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
「抜毛症とは」
改めて、抜毛症をご理解いただきたいと思い書かせていただきました。
「そんなこと言われなくても知ってるよ!」
て方もいらっしゃるでしょうが、そうおっしゃらずに今一度お付き合いください。

抜毛症の方は,美容以外の理由で毛髪を繰り返し引っ張ったり,引き抜いたりします
最も多いのは頭皮,眉,および眼瞼からの抜毛であるが,あらゆる部位の体毛が対象となり得ます。
また、抜毛の部位は、時間の経過とともに変化することがあります。

この行動を若干、自動的に(すなわち,十分に意識することなく)行う人もいれば,この行動をより意識的に行っている人もいます。

抜毛は強迫観念、または外見に関する悩みに誘発されるものではないですが,緊張感または不安感(ストレス)が先行して,それが抜毛により軽減することがあり,しばしばその後に満足感を覚えます。

だが、その後には必ず罪悪感や自己否定感が襲ってきます。

抜毛は思春期の直前、または直後に始まるケースがかなり多く見受けられます。
当協会に寄せらる相談件数では10代の女性が圧倒的に多いのも特徴です。
その数は、全人口に対しては約1~2%であり、患者の約90%は女性なんです。


10代前後で発症し20代、30代、40代、50代になっても改善が見られない方も多く、全体の潜在数はおそらく予想を遙かに超える数が存在すると協会では考えております。
 
 

認めるということ

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
人は前に進むためには「認める」と言うことが非常に重要です。
 
では一体、何を認めるのか?
 
それは自分自身の事であったり、自分に起こっていること全てです。
 
抜毛症やうつ、不登校や引きこもりに関して言えば…
自分が髪を抜いていると言う事。

自分はうつ、ネガティブな感情の状態であると言うこと。
自分は学校や仕事へ行けなくなっていると言う事。
自分は外の世界へ出られなくなっていると言うこと。
 
そして、それは自分自身の判断で行っていると言う事。
自分が決めていると言う事。
 
「他人が決めた事では無いと言う事」つまりそれは「自己責任」であると言う事。
 
きっかけや原因は人それぞれ無限にあることでしょう。
でもその結果、自分の意思で今その状態であることを決めているのはあなた自身だと言うことなんですよ。
 
だからどんな状態であろうとも、それを止める!変える!事もあなた自身の判断で出来ると言うことなんです。
 
しかし、もしあなたがそれを親や他人のせいにしているならば、永遠にそのループから抜け出すことは決して出来ません。
自分以外の人へ矢印を向け続けるならば、一歩も前へ進むことは出来ないでしょう。
なぜなら自分以外の他人に自分の人生を変えてもらう事を永遠に待ち続ける無限ループに陥ってしまうからです。
 
あなたは自分以外の人に一体どうして欲しいのですか?
謝って欲しいのですか?
自分の理想とする人間像に変わって欲しいのですか?
幸せを与えて欲しいのですか?
何かを認めて欲しいのですか?
同情して欲しいのですか?
可哀想にと哀れんで欲しいのですか?

よしよし、悲しかったね、悔しかったね、辛かったね、苦しかったねと言って欲しいのですか?
 
そんな事は時間の無駄です。
自分の人生なのだからさっさと「今の状態を作り出している自分を認める」
そして、これからどうするのか決めましょう!
どうあがいたって人生100年以上生きることは難しいのです。
こうしている間にも寿命までのカウントダウンは刻一刻と進んでいるのです。
 
《認めるという極意》

今までの自分、今の自分を素直に認めることで実は過去を一旦断ち切ることが出来るのです。
決して忘れることは出来ませんが、「区切りをつけて前に進む事」は出来るようになります。
過去からの影響を最小限にする事が出来ます。
今もなお過去の出来事に縛られ、手放せないでいる方が多く存在します。

それは未だに変えようのない出来事に後悔し、怒り、悲しんでいるからなんです。
だからこそ認めるんです!変えられないことを。

そして、新しく作り直す事。

人生には山ほど楽しいことが溢れています。
早くそれを一つでも体験し感動する為の時間に使ってください。
じゃなきゃ勿体ないよ!
 

いつまでも失ったものにとらわれないで!

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】

あなたは、今までいろんなモノを失って来たと思います。
 
抜毛症によって、あなたは大切な髪の毛、見た目、大切な時間、身近な人たちとの信頼関係、本来楽しめたはずのさまざまなお洒落やお出かけ、そしていろんな体験の機会…夢や希望…
 
あげたらキリがありませんね!
 
人は失ったモノを取り返したい!取り戻したい!と言う気持ちが強く働く傾向があります。
 
そうしなければ、前へ進めないと思い込んでしまう場合があります。
そこですべてがストップしてしまう人がいます。
時空を超えて、何年も何年もその時のまま…ひょっとしたら前世から止まっているのかもしれませんね
 
でもね…残念ながら、失ったモノは戻って来ません。
そこで立ち止まってウジウジしたって前へ進むことは出来ないんです。
 
事故にでもあったと思ってキッパリと諦めましょう!
 
あなたに残された時間は限られているんです。
過去のコトなんてどうでもいいんです。
 
今が、どんな状況だって関係ありません。
今がどうであれ、限られたをどう使うかを意識して前へ進めば道はおのずと開けていきます。
止まっている時間なんてムダでしかないんです。
 
今から未来を創ればいいんです。
歩き出せば必ず前へ進みます。
 
失ったモノではなく、これから得たいモノ、欲しい未来を描けばいいんです。
 
そうすれば、自動的にネガティブからポジティブへ気持ちがチェンジします。
 
取り戻すんじゃなくて、新しく創るんです。

知恵と愚痴と言い訳

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
私の大好きな言葉を紹介します!
 
一生懸命だと知恵が出る。
 
中途半端だと愚痴が出る。
 
いい加減だと言い訳が出る。
 
まさにその通りだと思います。
 
目標に向かって、一生懸命に取り組むと知恵が生まれます。
そして失敗や成功経験によって工夫が生まれます。
結果、確実に目標に近づきます。
 
目標に向かって中途半端に取り組むと、思ったような結果は得られず、愚痴ばかりが溢れ出ます。
愚痴を言う人は最終的には人のせいにしたり、誰かに責任を押しつけます。
 
目標に向かって、いい加減に取り組むと、やらない、やれない言い訳ばかりが溢れ出ます。
言い訳は、次の言い訳を生み出し永遠に言い訳のループとなり、一歩も前へ進むことが出来なくなるのです。
 
抜毛症だって、うつ・不登校・引きこもりだって同じ理屈で、前へ進めない方があまりにも多いのです。
 
それなのに、すぐに病院や薬に頼ろうとする方が後を絶たない…
これでは改善するわけがありませんよね!
自分を誤魔化したって、ネガティブループが続くだけ。
 
あなたの中には、未来を創造するチカラが眠っています。
自分が変われば周りが変わる。
周りが変われば世界が変わる。
 
さぁ!あなたはどんな未来を歩んで行きますか?
あなたにとっての大きな壁を乗り越えるためには、必ず一生懸命に取り組む時期があります。
 
中途半端やいい加減に乗り越えられるような壁ならば、それは壁とは言えません。
だから、その壁を乗り越えたって、そんの程度ならば、何の成長も見込めません。
挑むならば、成長に繋がる目の前の最大の壁を乗り越えてみてください。

ママは悪くないよ!そして誰も悪くない

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
巷では親子関係の問題等でよくトピックとして挙がってくるのが、毒親とか酷いネーミングをつけた書き込みを見かけることがよくあります。
実際、ウチの娘も嫁に対して言ったことがあるくらいですから…

確かに親にしても子供にしても極々まれに、とんでもない方が存在することはわかっています。
でもそれはママだから、パパだからとか〇〇だからに限ったことではありません。

親が子を思う気持ちに偽りはありません。

親子関係がギクシャクしているケースで多く見られるのはちょっとしたボタンの掛け違い、時間軸の違いから生じているのです。

なんらかのメンタルが起因する症状を発症した子供たちは、ママが大好きなくせにママを罵倒し、責める場合がよくあります。
これはただの責任転嫁、甘え,八つ当たりです。

けれども時として、ママは自分のせいだと自分自身を責め、子供の今の状態は自分が悪いからだと落ち込むケースが非常に多いです。
この自己否定、自己嫌悪の状態になっていしまうとなかなか抜け出せなくなります。

でもね。『ママは悪くないんです』

抜毛症であれば、自分が髪を抜かなければ良いだけの事。
抜かなければ治ります。
自分が弱いだけなんです。
不登校や引きこもりだってそう…

責任という名の矢印を自分自身ではなく親や他人、学校や社会に向けます。
ただの弱虫。勇気が足りないだけです。逃げているだけ…

しかしながら、『実は本人も悪くないんです』

ほんの一部の悪意でこれらの行動を行っている方を除いては、別に悪いわけではないんです。
それが個性であり性格だがら仕方ないんです。

一般常識では、しっかり勉強して、なるべくレベルの高い学校に進学を経て、一部上場企業もしくは官公庁や公務員になって、そこで出来るだけ立派な伴侶をみつけて幸せな結婚をする…と言う流れが常識だと思います。

こう言った常識に基づいた概念で考えると常識から外れた事をしている。
と判断されてしまいますが、実はちょっと視点を変えてみると見え方が変わります。

抜毛症やメンタル的な問題を起してしまうその背景にはちゃんと犯人?が存在しているんです。
その存在とは、ほんの些細なストレスの積み重ねだったりします。

塵も積もれば山となる…そんなささやかなストレスも積もると我慢の域を超えます。

その結果、周りから見れば抜毛症やうつ、不登校、引きこもりのような非常にネガティブな行動に至るわけなのですが、この状況や環境から自分を守るために、いわゆる自己防衛の為にそれらの行動を起こすことで何とか持ちこたえているのです。

だから、悪いというよりは本人は必死に戦っているのです。

ただ、その状況から抜け出す方法が分からないだけ。

自分にとっての正しい選択や納得のいく方向を探し続けているのです。

もしかしたらこれは、能が引き起こしている危機回避の為の自動防衛プログラムなのかもしれません。

抜毛症やメンタルな症状ってほんと複雑でややこしいですね。

何度抜いても髪は生えるのか?

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
答えは…NO!
よく覚えておいてください。答えはノーです。
 
髪が生え替わる回数は個人個人で決まっています。
しかもその回数は、みなさんが思っているより遥かに少ないです。
 
抜毛症で来店される方によく質問するのですが…
みなさん『何度抜いてもちゃんと生えて来る』
と思われてる方が多いようです。
 
個人差が、かなりございますし、医学的に正確な回数が出ている訳ではありませんが、当協会でこれまで対応してきた延べにして2600名以上のヒアリングデータや統計および毛髪科学の文献を勘案した結果、30回~40回程度と考えております。
 
髪の寿命には、それぞれ個人差があり、頭髪は部位によっても寿命が異なります。
なので、ヘアサイクルとしては3~6年程度と覚えておいてください。

例えば、髪の寿命が3年としても
3年×寿命40回=120年  6年×寿命40回=240年 となります。
単純計算で120歳~240歳まで人類の寿命が延びても髪は無くならない。と言うことになります。
この問題は奥が深いので、あくまでもザックリとした計算です。
厳密に言うと、男性であれば壮年性脱毛症や、女性であればホルモンバランスに影響されたり、食生活や摂取している薬物によってもヘアサイクルの回数や寿命は大きく左右されます。
 
とにかく、同じ場所を執拗にくり返し抜き続ければ、たったの30~40回抜いた時点で、その後は髪が生えてこなくなると言う理屈が成立しますね!
 
怖くないですか?
くり返し同じ場所を抜毛している人は『閉穴』してしまい、その毛穴からは、もう二度と髪は生えて来ないと言うことになりますよね!
 
髪は有限です。
『いつまでも、あると思うな、親と髪』
なくなってからでは遅いんです。
この事実をしっかり受け止めて問題を乗り越えてくださいね。

2つの未来

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
抜毛症やうつ、不登校や引きこもりの方には2つの未来があります。
 
それは自分自身の選択次第で、どちらか一方が必ず現実化します。
 
 1つは、ネガティブな感情に支配されたまま、人目を気にしながら本来出来るはずの素晴らしい体験を逆に苦痛に感じながら生きていく…
いくら年齢を重ねても髪や自分の性格に対するコンプレックスを克服できずに悲しみや怒り、不安や後悔という感情に縛られて生きていく人生…
 
 もう1つは、髪が改善する事で、コンプレックスから解放され、しかも最大の敵である抜毛症に勝つことでメンタルも非常に強くなり自己肯定感が上がります。
あなたの心は自由になり、人目を気にせず何処へでも旅行できるし、海へプールへ温泉へ、髪が濡れることを恐れずに思う存分人生を楽しむことが出来ます。
お洒落だって好きなだけ楽しむことができるんですよ。
 
180度人生が変わります。
 
どちらの人生が良いですか?
 
ネガティブな人生を開き直って生きていく方も当然いるでしょう。
でもこの生き方はとても辛いです。
 
ありのままを受け入れる事で改善しなくてもポジティブな気持ちに切り替えて幸せに過ごされる方も中にはおられます。私はその道もありだと思っています。
 
カウンセリングによって原因を理解し、どうして自分が抜いてしまっているのか?と言うメカニズムを紐解けただけで安心される方も中にはおられます。
大人抜毛症の方で閉穴部が多く自毛でカバーが不可能な場合はウィッグと一生お付き合いになりますからその心構えとしても良いと思います。
 
しかしながら、やっぱり自分の髪で思いっきりお洒落を楽しみながら幸せな人生を過ごす方が良いですよね?雨、風、人の視線を気にすること無く好きなところへ行って、髪にストレスを感じずに楽しむことだけに集中出来る方が最高かな?と思います。
 
実際に協会では改善された方に必ず感想文をご協力頂いているのですが、間違いなく人生が180度変わっています。
いつもの日常、いつもの毎日なのにです…
つまり自分が変わればそれを取り囲む世界まで変わっちゃうと言うことなんです。
だから、あきらめないで欲しいと思います。
 
改善プログラムを受けられた、ほとんどの方が、日々自分の周りの世界を変えているのです。
だから誰にだって出来ます。
決して一部の方のヒーローズストーリーじゃないんです!
もうね協会では日常茶飯事の出来事なんです。
いやむしろ、当たり前の日常なんです。
 
誰にだって自分の周りの世界を変えることは可能です。
ちょっと時間がかかるだけ。
ぜひ、素晴らしい未来を手に入れて欲しいと願ってやみません。

怒りを制御できない親御さんへ

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
抜毛症のお子さまを抱えている親御さんの中には、かなりの確率で頭ではわかっているけど、怒りが抑えられない…ついついキツイ言い方をしてしまう…我慢が出来ない…
 
このようなケースは非常に多いです。
 
普通の親子であれば、よくある日常の親子喧嘩と言うだけのことで、なんら問題はありません。
 
しかしながら、抜毛症のお子さまを抱えているとなると、そうはいきません!
 
抜毛症改善プログラムにお越しの親御さんには、毎回のようにこのアンガーマネジメント、アンガーコントロールの方法をお伝えしています。
また、なぜ?そうしなければならないのかを過去から紐解いてお伝えしています。
 
場合によっては鏡の法則まで持ち出してお話しする場合もあります。
 
簡単に出来れば苦労しませんが、めちゃくちゃ難しいからこそ、みんな苦しむんです。
 
かく言う私も息子の不登校に1年以上苦しみました。
その時の体験話しも出来ればと思っています。
 
抜毛症の当事者も、その親御さんや兄弟、友人知人、先生、彼氏、彼女、周りの方々まで影響を及ぼす、この怒りのエネルギーは本当にやっかいで、関係性が近いほど直接的に、関係性が遠いほど間接的に影響を及ぼします。
 
もっとやっかいなケースとしては、表面には全く出てこない場合だってあります。
本人すら気づいてない場合だってあります。
 
でもね…子供との違いは、多少長く生きて来た分、大人には人生経験に基づく理性があります。
 
だから、大人の方が子供よりも努力するしかないんです。
 
お互いがわかってあげる。わかってもらう。
たったこれだけのことでズレてしまったボタンの掛け違いや、ズレてしまった歯車がかみ合います。
 
本当に、たったこれだけの場合も少なくないんです。
 
 

あなたは何タイプ? PartⅣ

【 お洒落を楽しみながらみんな幸せに 】
 
抜毛症と親子関係の因果関係は、かなり大きく影響していると思います。
親(保護者)とりわけ、お母さんとの関係性は高確率で見受けられます。
 
そんなお母さんのタイプは、大きく分けて4タイプあります。
(もちろんそれがすべてではありませんよ)
あなたのお子さんが抜毛症なら、あなたはどんなタイプですか?
あなたが抜毛症で悩んでいるのなら、あなたのお母さんはどんなタイプですか?
 
『無関心・放任主義』
「ウチは放任主義だから」「子供の自主性に任せてるから」
一見聞こえはいいですけど放任主義と無関心は違うんですよ!
 
放任主義とは、あくまでも親御さんの監視のもと、しっかりと守られて自主性を重んじて好きなようにやらせてあげることで、何をやってもおかまいなし!
褒めることもなければ怒ることもない…
そんなのは放任主義ではなく、ただの無関心!
 
そのような環境の中で生活していると、自分はこの家にいていいのだろうか?
自分は何のために生まれて来たんだろうか?
と感じやすく自分軸や基本的安心感が構築できないまま大人になってしまいます。
 
そうなるとお子さんは、自己肯定感が低い子に育つ傾向が高く、自分を傷つけやすくなります。
 
お子さんにたくさん甘えさせてあげてください。
愛情が一番の特効薬です!
 
 

12

アーカイブ

このページのトップへ