HOME > オーナーブログ > アーカイブ > 2020年4月

オーナーブログ 2020年4月

ダメージの悩み...その2

毛髪のダメージの原因
① ヘアカラー、パーマなどの薬剤による科学的なダメージ(ケミカルダメージ)…これらの薬剤の成分によりキューティクルが剥がれ、毛髪内部のタンパク質などをが流出してしまうために起こるダメージです
② 紫外線によるダメージ…紫外線を浴び続けることでキューティクルが損傷を受け、剥がれやすくなります
③ 熱によるダメージ…アイロンなどの熱により、毛髪はダメージを受けます。キューティクルが熱により固められ、毛髪内部のタンパク質も固まってしまいます!
④ シャンプー、ブラッシングによるダメージ…過度なシャンプー、ブラッシングによりキューティクルが剥がれてしまうことでダメージにつながります!

キューティクルの役割
キューティクルは綺麗な髪を維持するためには、必要不可欠です!
しかしキューティクルは大変もろいため、熱や薬剤、または濡れているだけでも剥がれ落ちてしまいます
そして一度剥がれたキューティクルは、自然に元に戻ることはありません!

ヘアーズ・サエミの髪質改善ヘアエステシリーズは、流出したタンパク質を補給し、擬似的にキューティクル再生させることにより、傷んだ髪を修復しサラサラ・ツヤツヤの髪にします
(髪の状態により一度の施術で改善しない場合もございます。ご了承ください)


ダメージの悩み...その1

毛髪の構造 
毛髪の成分は70%以上がケラチンタンパクで、3層構造(キューティクル・コルテックス・メデュラ)から成り立っています 

キューティクル(毛小皮)…一番外側の竹の子の皮状に重なり合って毛髪をくるりと包んでいる
コルテックス(毛皮質)…キューティクル内側にあり毛髪の85〜90%を占めている
メデュラ(毛髄質)…毛髪の芯であり0〜5%を占めている

毛髪の役割
キューティクル…毛髪のダメージに大きく関わっていま!毛髪内部のタンパク質などを流出させない役割(蓋)と毛髪内部を守る(盾)の役割をもっています!
そのためキューティクルが剥がれ落ちてしまうと、ダメージは急速に進行して行きます
コルテックス…毛髪の持つ「しなやかさ」や「弾力」などを作り出している部分です!
毛髪の85〜90%がコルテックスです
メデュラ…髪の毛の芯であり、水分や空気を含むため毛髪の保湿機能を高める働きがあり、弾力(コシ)や透明感、動きのあるツヤは、メデュラを含む髪全体で表現されます!

一度、傷んでしまって髪の毛は、自然に回復することはありません
特に長い髪の毛先には内部からの栄養が届くことは無いと思われます!
外からのケアをしっかりとしてあげることで、傷んだ髪を修復してあげましょう

ヘアーズ・サエミに髪質改善で、サラサラ・ツヤツヤの髪を取り戻しませんか?


クセ毛の悩み...その4

髪質改善縮毛矯正とは?
「髪質改善縮毛矯正」と「縮毛矯正」は何が違うのですか?
そんな質問をよく受けます!

使用する薬剤が違います
おひとりお一人の髪の状態に合わせて、その方オリジナルの薬剤を調合します
アイロンを使いません
ダメージの大きな原因1つであるアイロンを使用しません!
180度のアイロンでどのくらいの時間、髪を挟んでいると髪は切れてしまうと思いますか?
答えはお店に来られた時にお教えしますね!
髪が傷んでいても施術が可能
ただし、その時の状態があまりにも悪い場合は、その日の施術をお断りする場合もあります
(髪質改善等を施して、髪の状態を改善させてからの施術をオススメしています)

髪質改善縮毛矯正のメリット
① 綺麗な状態で長く伸ばせる
② CMのような髪になる
③ 周りの人たちから「髪が綺麗」と褒められる
④ 髪の毛を自慢出来るようになる
⑤ 嫌な梅雨を快適にすごせる

デメリットは?
ハッキリ言って、ありません!
もちろん、これまでの縮毛矯正と比べたらの話しですよ(^^)


クセ毛の悩み...その3

なぜクセ毛になるの?
加齢が進行したり頭皮環境が悪化すると皮膚内部の真皮に存在する線維芽細胞の細胞分裂が低下するため、本来常時生産されている3成分(コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン)の生産量が少なくなるため、真皮組織の構造が大きく変化します
具体的には真皮組織の厚みが薄くなったり、硬くなったり(水分低下)、シワがよったりします!

毛髪は真皮組織を土台として発生し表皮、毛穴を通って伸長・成長していますが、真皮組織が上記のように変化すると毛根や毛穴が圧迫され歪んでしまうため、毛髪の生え方に大きく悪影響し、毛髪が寝てしまったり、ねじれたりして毛流やクセの状態が変わってしまいます

どうしたらいいのか?
ヘッドスパやスキャルプケアにより血行やリンパの流れを正常化し、真皮組織の新陳代謝を活性化させ、皮膚(頭皮)全体のターンオーバーを正常化させることにより頭皮環境が健全に保たれる=クセ毛の発生を抑えることができます
 

まもなく、クセ毛の天敵梅雨がやってきますね
雨が降ったり、湿気多いとどうしても髪が膨らんだり、纏まらなくなってしまいますよね!

『髪質改善縮毛矯正』で梅雨を快適の乗り越えませんか?


クセ毛の悩み...その2

人はそれぞれに持っているクセ毛の種類や特性、クセの強い箇所も異なっています

クセ毛の種類
① 波状毛
② 捻転毛
③ 縮毛

 

① 波状毛…波状に大きなウェーブが出るクセ毛で、一般的にやわらかい毛髪に多く見られるます
② 捻転毛…うねりがスパイラル状に現れるクセ毛で、毛髪の断面が楕円や扁平になっているためねじれが起こり、髪の太さが不均一に感じられます
③ 縮毛…毛根のゆがみによりランダムに縮れたクセ毛のことで、髪の表面が凸凹しているため、手触りもザラザラしています

あなたのクセ毛はどのタイプですか?
わからないときは、ご相談してくださいね!

もうすぐ梅雨がやって来ます
クセ毛は乾燥毛が多いため梅雨になると、空気中の水分を髪が吸収するために、まとまりづらく、膨らんだり、ボサボサになってしまいます

髪質改善縮毛矯正はそんな悩みを解決します!
傷んで乾燥してしまった髪に潤いと艶を取り戻しながら、クセ毛を伸ばすのが髪質改善縮毛矯正の特徴です!
今年の梅雨を快適にすごしましょう


クセ毛の悩み...その1

日本人の約9割はクセ毛だと言われています!
そのクセの状態はゆるやかで、そんなに気にならない方から、強くて大変悩んでいらっしゃる方まで、千差万別、十人十色です

《クセ毛の特長》
クセ毛は毛根(毛球部)の形状に大きく影響を受けます
毛根がすでに曲がった状態で存在している場合(元々、毛根は頭皮に対してまっすぐには形成されていない)毛髪は曲がったまま伸び、ねじれたクセ毛になり、多くの日本人はこのタイプです!

また、毛髪は毛穴の形にそって生えてきます
その毛髪断面の約90%は楕円形で、正円形の毛髪は10%程度にすぎません

《髪質改善縮毛矯正とは?》
ヘアーズ・サエミの髪質改善縮毛矯正は、これまでの縮毛矯正とは概念が違います
これまでの縮毛矯正やヘアカラー等で傷んでしまった髪でも安心してしていただくことができます
(ただし、その時の髪の状態によっては、当日の施術をお断りする場合もありますので、ご了承ください)

もうすぐクセ毛の方にとって嫌な梅雨がやって来ますね
今年の梅雨は髪質改善縮毛矯正で、快適に梅雨を乗り越えませんか?


白髪の悩み...その4

セルフカラーをされてる方へ
スーパーやドラッグストアでカラー剤を購入されて、ご自分でヘアカラーをされてる方は、たくさんいらっしゃると思います!

自分で染めているから髪が傷むのはしょうがない
そう思っていらっしゃる方が大半だと思います
でも実は、市販のカラー剤=髪が傷むとは限らないんです!

ではなぜセルフカラーをしたら髪が傷むのか?
1つめは…使用上の注意をちゃんと守っていないから!
染める前に、ちゃんと使用上の注意を読んでますか?
それだけでも、かなりダメージを抑えることが出来ると思いますよ!
2つめは…アフターケアが出来ていない
これはセルフカラーの人に限ったことではないですけど、やはりより注意が必要だと思います

正しいホームケアの仕方は?
まずは、今のあなたの髪の状態に最も合ったシャンプー、トリートメントを正しく使うことです!
良いもの使うだけではなく、正しく使うことが重要です

でも…一度大きなダメージを受けた髪の毛は、残念ながら簡単に治ることはありません
あなたが信頼のおける美容師さんに相談して、二人三脚で治していくことをオススメします


白髪の悩み...その3

白髪のお悩みの中でも、もっと厄介なのが、化学染料によるアレルギー
いわゆるジアミン アレルギーではないでしょうか

ヘアカラーの最中に
頭皮がヒリヒリしたり、熱くなったり…
ヘアカラー後、数日のあいだ
頭皮がかゆくなったり、フケがボロボロと出てきたり…

最もヒドい方だと、染め始めて数分もしないうちに、異常が現れます
頭や顔、さらには体全身がかぶれてしまい、腫れ上がってしまいます!
場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります

このジアミンアレルギーで、白髪を染めたくても染められないと言う方は、大変多くいらっしゃるようです!

では、どうしたらいいか?
白髪の悩み…その1でお話しした「白髪をぼかす」と言う方法があります!
ヘアーズ・サエミではいくつかある方法の中で、ヘナ&ハーブカラーをオススメしています

メリットは?
① 髪にダメージがない
② 頭皮に優しい
③ 自然な感じなので白髪が伸びて来た時に気にならない

デメリットは?
① きっちりと染めることができない
② 好きな色にはならない(明るくはできない)
③ 染めたてのころは色落ちしやすいので注意が必要

ヘナをうたっているものの中にも、化学染料が入っているものもあります!
十分ご注意ください

化学染料(ジアミン)に頼らない…と言う選択肢!
いかがでしょうか?


白髪の悩み...その2

ヘアカラーの悩みで、次に多いのが
過度の白髪染めによる髪のダメージ
では、ないでしょうか

髪は1ヶ月で1〜1.5cmほど伸びると言われています!
なので半月もすると、人によっては、凄く気になり始めることでしょう

一般的なサイクル
多くの方はだいたい1ヶ月〜1ヶ月半くらいの間隔で白髪染めをされています(セルフカラーも含め)
「そんなに染めて大丈夫?」
と思っていても、白髪が気になりついつい染めてしまいますよね

正直な話し、大丈夫とは言いきれません
どんなに良いと言われるカラー剤を使っても、化学染料が入っていれば、ダメージのリスクはゼロにはならないからです!

髪は長くなれば長くなるけど、中から毛先に栄養は届かなくなってしまいます!

美容室に行ってヘアカラーをすると、当たり前のように
「この後、トリートメントはいかがですか?」
と勧められ、断りづらくやってもらうも…
その時はいい感じだけど、自分でシャンプーして乾かしてみたらバサバサ
こんなお話しを良く耳にします

では、どうしたらいいのか?
あなたの髪のダメージの原因を突き止め、最適な方法でのケアが必要です
ヘアーズ・サエミでは、そのために、まずはしっかりとカウンセリングをします!

髪質改善カラーとは?
簡単に言うと
ヘアカラーをしながら、同時進行でトリートメントをする(もちろん、そんな単純なものではないですよ)そんなイメージを持ってもらったらいいと思います!

髪質改善カラーは、ダメージの少ないイチ・ゴカラーと髪質改善のコラボで、回数を重ねるほどに髪がキレイになって行きます

白髪染めによる髪のダメージでお悩みの貴女は、
ぜひ一度お試しください!


白髪の悩み...その1

女性の髪の悩みで一番多いのは「白髪」の悩みではないでしょうか

そして、その白髪の悩みも大きく3つに分類されると思います!

1つめは、白髪染めによる髪のダメージ
2つめは、カラー剤に含まれている化学染料によるアレルギー
3つめは、白髪そのものの悩み

第1回目の今回は白髪そのものの悩みについて、お話ししていきたいと思います!

そもそも、白髪がなくなってしまえば白髪の悩みすべてが解決されます!
がしかし…今現在、私が知っている限りでは、白髪を黒髪に戻す方法は、残念ながらありません

どうして白髪になるのか?
その原因は3つ!
① 加齢
② 遺伝的要因
③ 精神的ストレス・栄養不良・薬の副作用

では、どうしたらいいのか?
白髪そのものの悩みの解決方法としては
① 白髪を染める
② 白髪をぼかす
③ 白髪を生かす

白髪を染めるとは、言葉通りヘアカラーなどで白髪染めをして、目立たなくさせる方法です

白髪をぼかすとは、化学染料を使わずに、ほんのりと白髪に色を入れ目立ちにくくする方法です

白髪を生かすとは、いっさい染めることなく、白髪をそのままにしていく方法です

「白髪染め」とひと言で言っても、種類や方法がたくさんあります!

あなたに最適な方法で白髪の悩みを解消してみませんか?


1

« 2019年12月 | メインページ | アーカイブ | 2020年5月 »

このページのトップへ